赤ちゃんのお座りはいつできる?

 

成長の証!お座りの個人差はこんな感じ

 

お座りができるようになるのも何にしても、成長にはすごく個人差がありますよね。
でも、比べるものではないと思っても、やっぱり「うちの子遅い」と感じると心配ですよね。

 

これくらい個人差があるというのを、体験談から見てみましょう。きっと、不安がなくなるかも?

 

スポンサーリンク

 

10か月も後半になってからと遅かったです

現在1歳の娘がいますが、お座りができるようになったのは10か月も後半にはいってからと、非常に遅かったですよ。

 

首がすわったのは4か月、寝返りは5か月と、このへんは平均的だったかと思うのですが、ハイハイが9か月と遅れがちになり、この時点でのお座りは、支え無しではクニャクニャの状態でした。

 

かといって、私も呑気なのか特別練習みたいなこともさせませんでした。というのも、4人目の子だったこともあり、まったく焦りがなかったんですね。

 

10か月検診では特に何も異常はなく、このまま様子を見て、と思っていた数週間後に出来たのでした。

 

今は猛スピードでハイハイしまくってますよ。
病院で何か言われなければ、様子を見ていればいいと思います。赤ちゃんの成長はさまざまですよ。

 

成長にはかなり個人差がありますよ!

知人の赤ちゃんは、ハイハイすることなくつかまり立ちに行きましたし、私の子も、1歳7か月でようやく歩き出したくらいです。

 

検診にちゃんと行っていて、健康に問題なければ大丈夫なんですよ。そのうち走り出して、あっという間に家から出て行ってしまいますよ。

 

といっても気になるでしょうから、
おなかの上にお座りさせたりしてもいいかもしれませんね。
支えながらも座っていられる時間が長くなると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

お座りというのは、座位を取れるくらいに腰に筋肉がついてきたという目安です。

 

お母さんが赤ちゃんの座る姿勢を作り、その状態をキープできているようなら、お座りが完成と思っていいみたいです。
別に赤ちゃんが自分から進んで座らなくてもいいようですね。

 

首と腰に筋肉がついて、一人で立っていられるようになることは、歩き出しの為には誰もが必要なことです。

 

でも、ハイハイとか寝返りというのは、興味がなければやらない子もいて、それはそれで特に問題ないみたいです。
なので、お座りも興味がなければ別に自分から進んでやることはないということですね。

 

 

 

こんな記事も読まれてます