脱水注意!赤ちゃんの水分補給と快適な夏の過ごし方

赤ちゃんの水分補給

最近の夏といえば、猛烈な暑さに見舞われるのが恒例のようになっていますが、脱水症状が心配になりますよね。

 

大人でも大変なこの時期、周囲に何も訴えられない赤ちゃんはママが気遣って水分補給してあげる他ありません。

 

ママは赤ちゃんの些細なそぶりも見逃さずにキャッチしましょう。

 

本格的な暑さを迎える前に、赤ちゃんのための正しい水分補給と夏の過ごし方についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

生後半年くらいまで

赤ちゃんは話せないので、喉が渇いた時には泣くか、むずかるしか手段がありません。
生後半年くらいまでなら基本的に母乳やミルクだけでも十分水分補給になるので、欲しがる時は十二分にあげましょう。

 

また、汗をかいた時や気温が高い時、入浴後などにも積極的にあげるようにします。
赤ちゃんが夏を快適に過ごせるかどうかは、水分を十分に摂取できるかどうかにかかっているといえますよ。

 

ミルクの量に関してはこちらの記事も参考にしてみてください。
ウチの赤ちゃん、ミルクを飲み過ぎ?みんなどれくらいあげてるの?

 

白湯は生後2か月からOK

また、生後2か月過ぎなら白湯を飲ませても良い頃なので、一度沸騰させてからぬるい程度に冷ましたものを、スプーンに人さじずつ、赤ちゃんのペースに合わせてゆっくりと飲ませてあげましょう。
白湯を飲ませるのは、歯が生え始めた頃でも虫歯の心配がないので寝苦しい夜などに重宝します。

 

ただし、白湯は生ものなので作ったらすぐ飲ませるようし、作り置きなどをしてはいけません。

 

お散歩に行くようになったら、水分も一緒に忘れず持参するようにしましょう。おやつとは違うので、1日何回などと回数を決めることなく好きなだけあげて夏を楽しむのが良いですよ。
赤ちゃんだって夏はアクティブに楽しみたいでしょうからね。

 

スポンサーリンク

 

下痢をした時には

暑い上に下痢などをすると、体の水分は猛スピードで失われてしまいます。

 

そんな時には水分や糖質、塩分などを同時に素早く吸収できるベビー用イオン飲料がおすすめです。

 

でも、甘くて美味しいので赤ちゃんが気に入るとそれしか飲まなくなる可能性があるので、あげ過ぎには注意が必要です。
また、大人用では赤ちゃんには濃すぎるので必ずベビー用を選びましょう。
うんちの色で赤ちゃんの変更状態もわかります。こちらの記事も参考にしてくださいね。

 

赤ちゃんのうんちの色でわかることは?健康チェックはうんちの色で!

 

脱水症状の見極め方

水分不足で一番怖いのは、大人でも油断するとなる恐れがある脱水症状ですよね。

 

赤ちゃんの状態は常にチェックしておき、様子が違えば早めに対処することが必要です。

 

普段から、おしっこの回数や量を書き留めておいて、少ないようなら水分が足りていない証拠ですし、色が濃かったりきついニオイがする場合には脱水症状を起こしている可能性があります。
そんな時にも、白湯やミルクではなく、ベビー用イオン飲料を速やかにあげましょう。

 

でも、もしも赤ちゃんがぐったりして明らかに普段と様子が違うようなら、救急車を呼ぶなりしてすぐに病院で診てもらうようにしなければいけませんよ。

 

スポンサーリンク

 

こんな記事も読まれてます