赤ちゃんの夜泣きは、かんむしを封じれば治る!?

赤ちゃんの夜泣きの”かんむし”というのは、「疳虫」と書きます。

 

子供の体にいて、癇癪をおこさせる疳の虫(かんのむし)とかいわれてます。昔は、「疳の虫がある」と言った感じで、ごく普通の言葉として使われていました。

 

おばあちゃんの知恵袋、かんむし封じで夜泣きはおさまるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

かんむしの症状

 

若いママさんだと、お姑さんに疳の虫と言われて、はじめて知ったという人もいるのではないでしょうか?
でも、赤ちゃんに虫がいるわけではないです(笑)
かんむしの赤ちゃんには特徴がある症状があって、

  • 眉間に青筋がたつ。
  • ひどくなると目じりにもそれがみられる。
  • 髪が逆立つ。
  • しょっちゅう病気になる。
  • あまり多くは食べない。
  • 落ち着きがなく、時に暴力的。
  • 時には自分の手を噛んだり頭を何かに打ち付けることもある。
  • 眠りは浅い。

と言われています。かんしゃくもちの赤ちゃんということなのでしょう。
眠りが浅いというあたりから、夜泣きと、かんむしがセットで言われているのでしょうね。

 

上記に当てはまるからといっても、必ずかんむしだということもないそうですが、心配な場合には小児科で診てもらったらいいですよ。
実際に、かんむしの子を病院につれていくと病名がつくこともあるんです。

 

医学的にみた、かん虫とは?

専門的にいうと、かんむしとは、神経が過敏な赤ちゃんの神経異常興奮のことです。

 

先ほどあげた以外の症状で、乳幼児期に多くみられるのは、「キーキー声」「夜中に泣き叫ぶ」などがあります。また、こういった症状があるこの中には、母乳を吐いてしまったり、食欲不振になったりする子もいます。

 

小児科の受診した時の病名

 

かんむしの病名は、小児神経症 となるそうです。
小さい子の場合、自律神経機能がまだ整っていないので、自分ではどうしようもなくバランスがとれないといった状態とでもいうのでしょうか。

 

かんむしに関しては、東洋医学的なアプローチの方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

ハリで治った口コミ

 

また、「かんむしがハリで治った」という口コミです。

 

私の娘も、夜泣きが続いてそれはひどい時があったものです。
夜も寝られないですし、心労もたまりますよね。

 

私の時は、近くに良いハリ治療院があって、そこでハリをしてもらったところものの見事に泣き止むようになりました。

 

 

小児科でもハリでも、お子さんにあえばそれが一番です。
赤ちゃんのかんむしの症状が気になるなら、治療院を探してみてはどうでしょうか?

 

ちなみに、私の小さい時は、お灸というのがあったような気がします。もうかなり昔の話ですが(苦笑)、昔から夜泣き、かんむしはあったということなのでしょう。

 

どこがいいということはないので、症状が気になるなら早めに相談してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

夜泣き、かんむしでは、お母さんが参ってしまうことも少なくありません。お母さんの方が参ってしまわないように、早目に受診するのも良いと思います。
一般的にかんむしは3歳を越してしまえば治療の効果も低くなるそうです。お母さんが元気でいなければ、子供も辛くなってしまうので、相談も早くするのがいいですね。

 

 

 

こんな記事も読まれてます