赤ちゃんの湿疹 | 母乳の場合の対処法と薬かぶれ

 

赤ちゃんに出来てしまった湿疹は、母乳で育てている場合は、お母さんの食事内容を見直すことで改善すると言われています。

 

病院で処方される薬も、心配症のママさんは塗りすきてかぶれたりしてしまう場合も。
湿疹と治療のために処方される薬については、他のママさんも気になる所みたいです。例えばこんな声が・・・

 

スポンサーリンク

 

ママの食事内容の参考に

 

母乳の場合、お母さんがあまり脂っこいものとか肉類なんかを取り過ぎていた場合、赤ちゃんの脂肪酸を検査すると、リノール酸とかアラキドン酸などの数値が高くなってしまうんです。
これが湿疹の原因となるみたいですね。

 

私が読んだ中で、永田良隆という人が書いた「アレルギーの人の食事」という本がとても参考になりました。

 

それから、赤ちゃんを治そうとして、お母さんはいろいろ試すのでしょうけど、どうも塗り過ぎて逆に悪化させてしまうことも多いようです。

 

薬はある意味毒にもなるわけで、入っている成分によって、かぶれてしまうこともありますよ。

 

病院に行って、もらった薬でかぶれてしまったら

 

湿疹ができるということは、肌があまり強くないということなので、もう一度、病院で診てもらった方がいいと思います。
強い薬に抵抗があるお母さんも多いですが、ステロイドなどの薬がやはり効きますね。

 

どの子にでも効果がある薬というのも、なかなかないので難しいんですよね。
どんなに良いといわれるものでも、子供によってはかぶれてしまったりすることがあるようです。

 

こればかりは塗ってみなければわからない・・というのはほんとのところだとも思います。
かぶれた状態を診た上で、どの薬変更するかお医者様が決めてくれるでしょうから、もう一度、診ていただいたらどうでしょう。

 

とはいっても、ご不安な気持ちもわかるので別の病院でもいいと思います。
赤ちゃんの湿疹の治療方針は、先生によってもかわると思うので。

 

スポンサーリンク

 


母乳で育てているにしても、そんなに神経質に油ものを控えることはないと思いますよ。
昔は、油ものを取ったら乳腺が詰まるなんて言われていたようですけどね。
今はそんなこともないってわかっています。

 

もちろん、バランスの良い食事は、ママにとっても大切なことですけど、そこまでは母乳の栄養に偏重をきたすものではないそうです。
摂取した油がそのまま母乳になるわけもないですしね。

 

こんな記事も読まれてます