赤ちゃんが気管支炎になったら

 

赤ちゃんの気管支炎は高熱も伴うので心配ですね。
大変な病気だとパニックになってしまうママさんも・・・。今はまだ熱が出ていない状態なら、少しこんな対処法もありますよ・・・という知識をもっておくといいかもしれないです。

 

実際に、気管支炎になった時にママがとった行動はこんな感じです。

 

スポンサーリンク

 

入院しないで済ませた後は・・・

うちの下の子も、赤ちゃんの時に気管支炎と言われたことがあります。

 

鼻水と咳が続き、高熱を出してあわてて病院に行ったところ、先生には入院を勧められたのですが、強い薬を処方してもらって、入院せずに済ますことができた感じです。

 

その子も、今は赤ちゃんではありませんが、普段の状態を見ていると特に喘息とも思わないのですけど、いったん風邪を引いてしまうと、咳が長引いたりすることもあります。
嘔吐することもあり、そうするとやはり病院に行ってアレルギーの薬などを処方してもらっています。
でも、だいたい1週間程度で回復しますよ。

 

喘息に移行しないように

 

喘息に移行してしまうとやっかいですが、何かあった時に病院でまめに診てもらっていれば、そんなに心配する必要もないと思いますよ。
喘息自体も、今は克服法があるようで、私自身恐ろしくは考えていないです。

 

赤ちゃんの場合、風邪を引いて咳がひどくなると呼吸困難となる場合もあるので、注意してあげる必要があると思います。

 

スポンサーリンク

 


気管支炎と一口で言っても、軽いタイプと重いタイプと程度もありますし、一概に怖いとはいえないと思いますよ。
肺炎でも、薬で治るものから、ひどくなれば命を落とすものまでさまざまあるのと同じだと思います。

 

赤ちゃんが、例えば未熟児であったり基礎疾患があったりすれば、気管支炎でも致命的になることもあるでしょう。
通常の赤ちゃんでも、乳児期だと入院する場合もあります。

 

高熱が出ていたり、機嫌が悪かったりするようでしたら、重いタイプとも考えられますが、そういった状態が見られなければ、同じ病気でも比較的軽いタイプといえると思います。

 

赤ちゃんがいろいろと訴えてくれないので、お母さんはヤキモキしてしまうのですよね。
普段よりミルクを飲む量が少ないとか、呼吸がゼーゼーと苦しそう、元気がなく機嫌が良くない、などの様子を注意深く見てあげましょう。

 

心配しすぎずに、どこか違っていないかを見てあげれば大丈夫です。病院に連れて行ってあげて冷静に対処していきましょう。

 

 

 

こんな記事も読まれてます