1歳半なら遊ばせるのが夜泣き対策

1歳半の夜泣き

 

赤ちゃんの1歳半は、ほとんどの子がしっかり歩き始めています。
あんよが早かった子は、歩くのも早くなっているのではないでしょうか?

 

この時期の夜泣き対策は、しっかり遊ばせてあげるです。

 

そして、夜泣き対策で遊ばせる時に卒乳も考えて行動すると一石二鳥 です。うまい方法をご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

 

公園での水分補給はお茶で!

 

1歳半の赤ちゃんなら、公園で遊ばせることも多いですよね?
その時に、しっかり遊んで疲れてもらうのが一番の夜泣き対策なのですが、水分補給を何にするかが問題です。

 

うちの子も1歳くらいの頃、夜泣きが大変だったことがあります。

 

それで、1日に2回くらい公園に連れて行って、思う存分遊ばせたりしました。その時の水分補給は、お茶で通しました。

 

そうすると、体がすっかり疲れきるから、泣く気も起こらないほどに眠ってくれましたよ。
これには、この先の卒乳をスムーズにする効果もありますよ!

 

添い乳をしてるママさんの場合は、なおさら、お茶で通すと、添い乳の卒業が楽かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

添い乳をしていたので、うっすら起きた時におっぱいがなくなってる!となって泣いていたように思えます。
でも、公園で楽しく遊ぶことを覚えてからは、おっぱいのこともスムーズに忘れていってくれたようです。

 

眠りが浅いことも、夜泣きの原因のひとつなので、1歳半でしたら、昼間は外で思いっきり遊ばせてくたくたになった方がいいみたいです。
そして、夜寝る時には、暗く静かな環境を整えてたあげたらいいですよ。

 

体調の変化での夜泣きも?

 

泣き止まない夜泣きの場合、赤ちゃんが体調の変化を知らせるために泣いているのかもしれません。

 

この時期には体調の変化で夜泣きしていることもあるようです。

 

中耳炎とか鼻づまりといった病気になりやすいのですが、なかなか見分けられないこともあるので、あまりに激しく夜泣きするのでしたら、病院に行くことも必要かもしれません。

 

この時期は、赤ちゃんの生活リズムを作ることが大切だと思います。
ママやパパの生活リズムも関わってきます。

 

といっても、仕事の関係でどうしようもないこともあるので、この時期は、子供に合わせやすい方と毎晩一緒に寝るようにするとか、工夫したらいいですね。

 

スポンサーリンク

 

月齢別の夜泣き対策