へその緒が取れないどうしたらいい?

 

意外と多いのが、「へその緒がまだ取れない」というお悩み。
どうしても、へその緒が取れないという時には、焼く、縛るなどのちょっと衝撃的な対処法も!

 

うちの子も、へその緒がなかなか取れないので結構心配しましたね。かれこれ1か月は付いていたと記憶しています。
先輩ママさんの体験談を集めてみました。

 

スポンサーリンク

 

へその緒を焼く?縛る?

 

へその緒を焼く、縛るといっても、もちろん、産婦人科での処置のお話です。
先輩ママさんの体験談から、ひとつご紹介しますね。

 

もし、おへその中に丸いものがあってジュクジュクしているようであれば、産婦人科に行って診てもらったらいいですよ。

 

このような状態は臍肉芽(さいにくげ)と言うらしく、へその緒を縛って硝酸銀を使って焼くなどの処置をしてくれるかと思います。
焼くといっても、怖いものではないので大丈夫です。

 

でも、もし乾いているのでしたら、縛るなどして、自然に取れるのを待つのだと思います。

 

膿がでてきたら要注意

 

なかなか取れないといっても、乾燥している状態なら心配がいらないことがほとんどです。

 

でも、もし、おへその辺りが赤くなってきて熱を帯びているとか、ジュクジュクして膿のようなものが出てきたら、もしかしたら感染の可能性もあると思います。
その場合、早めに診察してもらった方がいいですよ。
ただし、沐浴後には、しっかり消毒して乾燥させてあげてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

結局、カラカラにならないと取れない

 

うちの子の場合もそうでしたが、へその緒はカラカラに乾燥するとポロリと取れることが多いようです。
消毒はマキロン、その後、しっかり乾燥させてというママさんが多いですね。

 

最後にもうひとつ、ママさんの体験談をあげておきます。

 

へその緒は、カラカラになるまで乾燥しないと取れないみたいですよ。カラカラになってようやくポロっと取れる感じです。

 

マキロンした後とか、しっかり乾燥させることが大切ですが、そのままでいさせることもできないので、オムツを下に少し下げるなどして、おへそが隠れないようにしてあげたらいいと思います。

 

ガーゼを当てるように産婦人科から言われるところもあるかもしれませんが、それだと乾きづらくなっちゃいますよね。

 

沐浴後の水分をまずしっかり取って、綿棒でマキロンして乾燥させ、オムツの中で湿ってしまわないようにしてあげてください。

 

取れる時期はその子によるかと思うので、無理に引っ張ったりしないで、処置をきちんとして自然に任せましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

こんな記事も読まれてます