赤ちゃんが中耳炎になった時の症状は?

 

中耳炎の症状は、黄色い鼻汁が出ていたり、高熱を出すことなどだそうです。また、耳から耳垂れのような「膿」が出てくることもあるみたいです。
溜まった膿のせいで、鼻を近づけると腐ったような独特の臭いがしますよ。

 

悪化する前に気が付いてあげたい、赤かちゃんの中耳炎についてまとめました。

 

スポンサーリンク

 

中耳炎のサイン

 

赤ちゃんのしぐさで分かる中耳炎のサインですが

  • 耳をしきりにいじる
  • 誰かが耳を触ると嫌がる
  • 首をふる
  • 大泣きする

などがあります。

 

風邪などを引いたことによって、中耳といわれる部分に炎症が起きると、鼻水や「うみ」が、この中耳に溜まってしまって鼓膜が圧迫され、かなりの痛みを伴うようです。

 

かなり痛いので赤ちゃんはほぼ1日中ぐずるはずです。
特に、鼓膜から外側に膿が出る間際が激痛となり、ここで夜泣き以上にギャン泣きするでしょう。

 

予防するにはどうしたらいい?

 

うちも、赤ちゃんをお風呂に入れている時によく耳にお湯が入っている気がして中耳炎になりはしないすと心配になりましたが、赤ちゃんの場合、鼓膜より外側がとても短いらしく、お湯が入ったとしても割とスムーズに排出されるのだそうです。

 

手が小さいと、なかなか耳を塞ぎながら入れるのって難しいんですよね。

 

ちなみに、中耳炎というのは、鼓膜より奥側に鼻水などが入ってしまう病気なんだそうです。
赤ちゃんの場合、鼻と耳がとても近いのでなりやすいみたいですね。

 

よく風邪の治りかけの時に黄色っぽい鼻水が出ますが、あれと同じものが中耳炎の症状の一つでもあるようです。

 

もし心配が止まないようでしたら、「水が入った気がして」と耳鼻科で相談したらいいですよ。

 

それと、息子が風邪で中耳炎になり、何度か耳鼻科に連れていくことがあったのですが、赤ちゃんのうちは耳掃除もしないていい、という説明がありました。

 

綿棒などで下手に自分ですると、耳かすを押し込んでしまうこともあり、それで鼓膜が破れてしまい兼ねないのだそうです。

 

スポンサーリンク

 

こんな記事も読まれてます