赤ちゃんの聴力が正常か不安です

 

新生児の時に聴覚スクリーニング検査を受けていれば問題がないようなら、ある閾値(いきち)の音には反応しているはずです。
でも、生後間もない赤ちゃんの聴力が正常かを判断するのは、実のところ難しいことのようです。

  • 生後3〜4ヵ月の赤ちゃんは声をかけてあげると情緒的に反応をしめすようになる
  • 生後5〜6ヵ月の赤ちゃんは音の聞き分け、理解ができるようになってくる

と言われています。あくまで目安ですが、6ヶ月から1歳くらいまでは音と視覚を結びつける大事な時期です。
赤ちゃんの様子を観察しながら、気になるようなら、聴力の検査を受けてみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

生後4か月で音に反応がなくて、検査

うちも、生後4か月の時点で全く音に反応する気配がありませんでした。

 

検診の時、先生に子供の専門病院に行くように言われてそこの聴力検査結果も良くなく、脳波検査まですることに・・
これはもう絶対に聞こえてないんだ・・と落ち込むだけ落ち込みました。
でも、最終的には白でした!

 

なにせ赤ちゃんなので、聞こえていても興味が他にいっていれば反応しなかったりするものです。
あまり気をもまずに、様子をみてみましょう。

 

2〜4か月くらいの目安は

2か月くらいでは、目安となるのは、大きな音に対して反応するか、ということくらいです。
びくっとなる、泣いていたのが止む、そんな感じです。
眠っていれば、まったく気づかない場合もあるでしょうから、起きている時にするのがいいですよ。

 

3〜4か月くらいになれば、ガラガラの鳴る方に顔を向けたりするかと思います。
その反応がなければ、もう一度診てもらった方がいいかもしれません。
検診の時に聞いてみるといいですよ。

 

スポンサーリンク

 

生後6か月なら、親の感覚で分かるかも?

私が出産した病院では、赤ちゃんの聴力検査を実施していました。
機械を置いていないところもあるかもしれませんが、最近は増えていると聞きますよ。
なので、結構、出産して入院している間に検査を受けられます。

 

といっても、その検査も絶対というわけではありません。
ここで問題ないという結果が出ても、成長してから難聴だったとわかることもあるそうですし、要検査と出たからといって、障害があったと決めるのは早いということのようです。

 

聞いた話では、生後6か月くらいになると、親がまずは「何かおかしいな」などとわかるものらしいです。でも、この段階でもまだ、難聴の程度によってはわからないことも多く、幼稚園に入ったくらいで何かがわかることもあるようですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

こんな記事も読まれてます