赤ちゃんにいつまで母乳をあげていいの?

赤ちゃんに母乳はいつまで

 

完母で育てていると、赤ちゃんがいつまでもおっぱいを欲しがりますよね。

 

母乳で育てるのはいいことなのですが、おっぱいをあげることは、お母さんにとっては大変なことでもありますよね。

 

それに実際問題、断乳のタイミングって悩みます。
そこで、みんなどれくらいまで母乳をあげていたのか、実際のお話を集めてみました。

 

スポンサーリンク

 

止めたいと思った時期まででいいのかも?

 

このタイミングの取り方は、私は好きですね。あまり悩まないですみますから、よかったら参考にしてみてください。

 

断乳に関して興味がある方は、こちらの記事も参考にして下さいね。

 

断乳で夜泣き・・さてどうする?

 

母乳が出なくなったら止めるしかないですよね?
でも、それ以外は、お母さんがやめたいと考えた時でいいと思います。

 

特に完母の場合、すぐにお腹がすいて夜中に何度も授乳しなければいけません。
それが毎日続けばとても大変になってしまいます。主婦は日中も家事などやることがたくさんあるでしょうし、気力を持たせるのも大変だし。

 

 

うちの場合、上の子の時は、残念ながら失敗が続き、3歳になるまでずっとおっぱいを飲んでいましたよ。

 

毎晩ずっと吸われているような感じで、産んで以来3年間はずっと夜に熟睡した記憶がなかったです。卒乳するなら、物心が付いてしまう前に成功させましょう!

 

無理に母乳をやめるよりも、赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませて、という考えもありますが、私の場合、深く考えなかったといったらいいんでしょうか。

 

そのせいで長引いてしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

母乳のデメリット

 

赤ちゃんにいつまでも母乳をあげているとデメリットはあるのでしょうか?
あくまでも、上でご紹介したママさんの体験談の続きです。

 

長引いたことで、いいことも悪いこともあったと思います。

 

私も、常に睡眠不足でしたし、変な態勢でいるため慢性腰痛になってしまうし、とにかくひどい疲労状態でした。

 

でも、おっぱいをあげるのをやめようとしたら、もう2日2晩くらいは軽く泣き続けるんです。それに付き合っている気力も体力もなく、ついつい挫折していました。

 

それで、下の子の時は1歳になる前にと一大決心をし、心を鬼にして卒乳してもらいました。上の子ほどにはおっぱいを欲しがらなかったので、それほど気力を要しませんでしたけどね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

こんな記事も読まれてます